fc2ブログ

記事一覧

タヌキとキツネと鹿ヶ壺 ランドナーキャンプ

みなさんごきげんよう。
この盆休みは、名古屋のタヌキと播磨のキツネとどこ行こか?と相談。
天気が悪そうなので少し早めにお休み。雨のお盆にお仕事という変則シフト。
兵庫県中部 安富町の涼しい鹿ヶ壺キャンプ場へ行くことなりました。

21810-11 (1)
まず待ち合わせ場所は、夢前町の壺坂酒造。
創業100年以上。酒飲みと待ち合わせするにはちょうどイイネ。

21810-11 (2)
そこから車で今日のキャンプ地へ。ちょっと空気が涼しい。

21810-11 (3)
早めにいい場所ゲットしてテント設営。ウエルカムビールでさっそくカンパ~イ!
ワタシこんな明るい時にテント張ることないので新鮮。

21810-11 (4)
ふう~~、空いてるし空気もいい感じ~。
今日はサイクリングよりキャンプを楽しむよ~。

21810-11 (5)
しばらくダベって、水着に着替えてドボンしにいこ~!
ここはいくつもの小さな滝があってその滝つぼにドボンできるということで
それが楽しみで来たのだ。(^。^)y-.。o○

21810-11 (6)
水がきれい~。涼し~~! 晴れてきてドボン日和。

21810-11 (7)
こんな感じで浮き輪付けて滑り台も楽しんでる。

21810-11 (8)
いい滝つぼがたくさん。

21810-11 (9)
どれにしようかな?(^^♪

21810-11 (11)
とりあえず一番上まで行ってみよ~~!

21810-11 (10)
一番上が鹿ヶ壺。鹿の形になっている。

21810-11 (12)
この辺で行くか! ドッボ~~ン!

21810-11 (13)
飛び込んだり 滝に打たれたり(*^▽^*) タノシ~!

21810-11 (14)
美女とウミボーズ(≧◇≦) 
この右側の滑り台からドッボ~ン。ちょっとスリリング。

21810-11 (15)
童心に帰ってハシャいだ。まあこんな時があってもイイサ~。

21810-11 (16)
おもっきりはじけたあとは、スイカタイム。

21810-11 (17)
日差しが緩んだら、サイクリングに出かけましょう。
この村にもかかしがいっぱい。

21810-11 (20)
鹿ヶ壺から雪彦山に登っていける。
まあまあの坂が続く。

21810-11 (19)
途中で探検に・・・

21810-11 (18)
割石ってのを森の中に見に行ったり。

21810-11 (21)
この道の終点には千畳平ってとこがある。
この名前からするとなんとなくいいところ。
いってみよ~。

21810-11 (22)
でもかなりの激坂46。

21810-11 (23)
でも涼しいし、セミの声がいい。癒される。

21810-11 (26)
まあまあ頑張って、千畳平に着いた。
見晴らしはそれほどでもないけど、なんか変わった感じのいい場所。
すごく静かで不思議な空間。テント場にいいじゃん。

21810-11 (24)
千畳平に着いたぞ~!のポーズ。

今4時45分ごろ、どうしよか・・・そこに見えてるのが雪彦山かな。
高度計で見るとあと300mないぐらい。登山道入り口には50分くらいとある。
よし!今日のうちに登っちゃえ!

21810-11 (25)
千畳平にて、雪彦山登っちゃえ!のポーズ。
いちいちポーズするな(´▽`*)

21810-11 (27)
初めはこんなガレ場。

21810-11 (28)
しばらく行くと登山道っぽくなってきた。

21810-11 (29)
そしてかなりの急斜面になってきた。

21810-11 (30)
うわお~!けっこうきついね~。

21810-11 (31)
尾根筋に出て。雪彦山を目指す。大天井岳って信州のアルプスにもあったっけ。

21810-11 (32)
2人は登山もこなしているので、こんなとこでも安心。
それでも明るいうちに下る計画で時間切って行こう。

21810-11 (33)
そして予定より少し早く登頂!テッペンのポーズ(≧◇≦)

21810-11 (34)
日が暮れないうちにさっさと降りましょう。

21810-11 (35)
こんなとこ登ってきたんだあ。
とか言いながらロープのある場所もなんなくクリア。
無事にキャンプ場へ。心地いい疲れ。

21810-11 (37)
さあ、おたのしみのディナータイム。
朝に買っておいた肉や野菜・そしてビール・日本酒でたのしくおいしく。

21810-11 (36)
食後のスナックタイムにはランタンの明りにつられてポテチの中にヒグラシが入ってきたり。
同じような触感で食べそうになったわ(^-^; 意外とおいしいかも。

21810-11 (38)
んで、花火を・・・2人とヤリました。 <オイ! ヤリとかいうな(≧◇≦)

その後も・飲みタイムが続いて夜は更けていくのであった・・・(´▽`*)
テントの中は暑くもなく寒くもなく。

朝が来た・・・

21810-11 (39)
グ~スカ寝て、最後に起きた。おお~朝からヘルシ~。

21810-11 (40)
お、パスタね。香ばしい香り。

21810-11 (41)
さすが、ジェノベーゼパスタ! イタダキ~~!

さて、今日はサイクリングの日だ。どこ行こかと考えて。

21810-11 (42)
砥峰(とのみね)高原へいこう! 車で移動。天気がいいのは今日までだからね。
楽しまないと。

21810-11 (43)
林道入り口の坂の辻峠で、砥峰高原行ってみよ~!のポーズ(#^.^#)

21810-11 (44)
ココもまあまあの登りが待っている。

21810-11 (46)
地道も楽しめる。いい雰囲気。

21810-11 (45)
どんどん高度を上げるとこんな景色が待っている。

21810-11 (47)
2/3ぐらいのところに山笑の石碑があって、ここでヒルメシに。
出会った山登りのご婦人に撮ってもらう。

21810-11 (49)
道の駅一宮で買ってきたすしと柏餅など。こんなとこで食うからさらにおいしい。

21810-11 (50)
さあ、砥峰高原までもう少しガンバロー。

21810-11 (51)
まだダートの登りは続く。

21810-11 (52)
ガンバレ~

21810-11 (54)
そして3年ぶりぐらいに砥峰高原に来た。
前は秋の黄金のススキだったけど、今は緑の草原。

21810-11 (55)
展望台がいいとこにあるんだな。

21810-11 (56)
キモチイイ~!

21810-11 (57)
静かでサイコーやな。別世界ってかんじ。
くつろげる。癒される。日常を忘れることができる。

21810-11 (59)
ここで、まったりおやつタイム。
しばらくゆっくりした時間を楽しむ。ああ~贅沢やなあ。

21810-11 (61)
栗の木に小さなイガが付いていて、どうなってんだと解剖したり。
親指の爪ぐらいの大きさだけど、中は立派に三つの実になっていた。

21810-11 (60)
今日の気分はこんなポーズ。楽しさが伝わるかな。

21810-11 (63)
砥峰高原から峰山高原へ。リラクシアってレジャー施設に偵察に。

21810-11 (64)
MTB クラブスポーツ施設 ホテル レストラン グランピング スキー等
色々楽しめる複合施設。ここもたのしそう。

21810-11 (65)
さあ、一休みしたしあとはデポ地 坂の辻峠へ帰りましょう。

21810-11 (62)
途中でサイクリング振興協会のポスターでも作ろう!
ってなポーズ。

そしてここからは今日ずっと登ったご褒美のダウンヒルが最後に待っていた。

サイコーの下りは楽しみたいから、ドローン君に撮ってもらいましょう。
今までにないアングルの映像をドゾ~!


これ、先月の酷道ツーリングの時テストしてたんだけど
今回うまくいったかな。
楽しい思い出を色々工夫して残したいナ。

21810-11 (66)
ず~っと爽快な下りだったけど最後に少し峠まで登り返しがある。
頑張って到着。テッペン取りました~のポーズ。

21810-11 (67)
最後はグリーンエコー笠形という施設で風呂入って人気のめし食って解散。
キャンプ・ドボン・山登り・グルメ・サイクリング・花火に飲み会
なんかすごく充実した2日間だった。

キャンピング野郎!このロクでもない素晴らしい世界! 
って、野郎ちゃうし(≧◇≦)

んじゃまたね。バイバイキーン!


スポンサーサイト



コメント

ゆるキャン△

蛍さん、ごきげんよう。いろんなことを楽しんじゃいました。のぼりもなかなか。

ドローン的動画は360度カメラです。編集はいりますが色々できてこれからのおもしろアイテムになりそうです。

峰山への急な分岐は、多分私たちが下ってきたところですね。
あそこは車も少なくきれいで走りやすいです。

砥峰へは坂の辻峠を越え、下りになってすぐに分岐があります。ここもいい林道です~。

ゆるキャン?

見どころ、楽しみどころ、食いどころ そして 結構な登りどころもあって
もう中身いっぱいのツーリングでしたね。

そしてドローン撮影かと見紛うアングル、浮遊感が感じられる映像が素晴らしいです。どのように編集するとああなるのでしょうか??

寺前から坂の辻峠を越えて一宮町に抜けたことがありました。途中右への分岐路があり峰山高原へはここを行くのだと思いました。結構急な道に感じられました。路面は良く道幅も広く一方で車は峠道でも少なかったですから、高原からのダウンヒル撮影にはもってこいの場所だったのでしょう。

麦酒的

RAJYAさん、ごきげんよう。孤独なゲリラ戦から一気にゆるゆるのキャンプ。
これがホントの ゆるキャン△。昼間からウエルカム麦酒的はやっぱりサイコーにオイシー。
行き当たりだったんですが、結果的にてんこ盛り夏の思い出ができました(@^^)/~~~

こんにちは

何と華やかなキャンプだ事~、ギンタロウさんの周りには常に美女が居てはりますな~(笑)
ゲリラキャンプから一転昼間の楽しそうなキャンプですね。麦酒も美味かったやろね。

企画もテンコ盛り、360度カメラでドローンみたいに撮影できるとはビックリ~

boubouさん、ごきげんよう。今回もまた精一杯楽しんじゃいました。ドローン映像は新線でしょ。
ドローンやGOPRPでは走行中に操作しなければいい画が撮れませんが360なら自由に編集できます(≧◇≦)
ロクでもないすばらしい世界~~~!ありがとうございます。

No title

名古屋のタヌキと播磨のキツネさんとの珍道中素晴らしかったですね~。
にしても、ドローンを思わせる新兵器、自転車に乗りながら操縦は至難の技やろと思いましたが、360度カメラの画像を上手く編集されたのですね…。にしても、すご過ぎる…。
キャンピング野郎!このロクでもない素晴らしい世界!バンザーイ~!!!

ヒグラシ食った~

ポンタちゃん、ごきげんよう。みんなホント楽しそうにしてるね~。
あの日の内容と楽しさはいままででもサイコーに位置するんじゃないかな。

ドロンパカメラはなかなかカシコイでしょう。撮影時は前後して ?ってなるけど。
一応こんな感じで撮れるだろうってポジション探してます。他のもまた編集するね。

タヌキとキツネの珍道中、シリーズになったりして(≧◇≦)  また行こね~。

ヒグラシのメスにもてもてのギンタロさま

いやー、ホントに楽しかったですね。写真のポン太さん、どれも、メチャクチャ楽しそうに笑ってるし(^o^)
この記事、わたくし永久保存版にします。

あの、ドローンぽいやつ
棒が消えてたり、狙ったかのように対象となる撮影したいとこ写ってるし、ホント魔法のよう(@_@)

ステキなブログアップしてくれてありがとうございます。
また、第2ダンの珍道中あることを期待しながら、日々暮らしていきまーす。

Re: ポン太とコン太の珍道中

どん兵衛ちゃん、ごきげんよう。ほんとフルコースだったね。
ついにポンタとコンタの珍道中が実現。想像以上におもろかった。
これからまたどうなるかわからないけど、またいい旅できるといいなあ。
今回の日程は、天気と緊急事態の隙間をついたベストなタイミングだった。
新兵器で、また色々な想い出を残して行こ~。(^.^)/~~~

ポン太とコン太の珍道中

ギンタロさん、レポありがとう。
振り返るとやっぱ盛りだくさんで、満喫できたね。
ドボン→サイクリング→登山→キャンプ→花火→林道探検→温泉→グルメ。
ばっ旅ノープランだったけど、結局フルコース(^^)
なおじさんが来てくれたから、楽しさ倍増。
秘密の穴場も見つけたし、新型撮影機も導入されたし、また旅したくなったわ。
 
はやく世の中が落ち着いて、フツーに生活できるようになりますように。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ギンタロウ

Author:ギンタロウ
サイクリング日記。
自由な自転車行き当たりばっ旅日記です。